不飽和脂肪酸とは

ミドリムシには、不飽和脂肪酸も豊富に含まれています。不飽和脂肪酸は、平たく言ってしまえば脂肪のことです。脂肪に対してネガティブなイメージを抱く方もいるかもしれません。しかし、脂肪は人間の身体のエネルギーとなるものであり、日常生活を送る上で必要不可欠。その中でも、不飽和脂肪酸は身体に良い影響を与える働きをしてくれます。

そんな不飽和脂肪酸の持つ効果は、大きく分けて3つあります。ひとつ目は身体の中のコレステロールの調節、二つ目は脳神経の発達促進、そして三つ目は身体を作るエネルギー源となることです。

不飽和脂肪酸にはさまざまな種類があります。それぞれに効果が異なり、違った特徴があるため覚えておいてください。ミドリムシに含まれる種類としては、中性脂肪の低下を促進するドコサヘキサエン酸(DHA)、アレルギーを抑える作用が期待できるエイコサペンタエン酸(EPA)、肝臓に脂肪がつくのを防ぐパルミトレイン酸などが代表的です。いずれも、日々の生活の中では不足しがちな栄養素であるため、ミドリムシで補うメリットはあるといえるでしょう。ミドリムシは、これらの成分を豊富に含んでいるため、普段の食事の補助として摂取してもよいです。